カテゴリ

カテゴリ:美術

ミュンスター彫刻プロジェクト 2017 の役に立つ話

カテゴリ:
IMG_4940

料金と時間
無料。ただ屋内の作品は常時見られるわけでないので時間に注意。公式サイトで確認しましょう。

地図
ミュンスター彫刻プロジェクト 2017の地図が3ユーロで買えます、公式サイトで見れば無料です。ただしあまり正確でない場所があり、さらに大きな案内が出ているわけでもないので私はかなり見つけるのに苦労しました。ドイツ人はあえて分かりにくいのを探すのが楽しいのかなと思いましたが、現地の人もそんな事はないと言っていました。なんでも親切な日本の感覚から行くとビックリです。無料なのに文句ばっかり言ってもしょうがないので、自分でより分かりやすい地図を作りました。これをナビに使えば無駄なく移動できると思います。

レンタル自転車
1日借りて12ユーロなので値段的には問題ないのですが、サドルが高く、しかもペダルの逆回転でブレーキという日本にはない仕様のため誰にでも乗れるという感じではありません。小柄の女性にはおすすめできないです。
スマホをナビにして走ると効率的でしょう。簡易的なスマホホルダーも現地で買えますが、予め日本で買って持っていくといいでしょう。

おすすめ
古いスケートリンクを使ったPierre Huygheの作品は見逃せません、ただ離れたところにあり不便です。同時に入れる人数が限られているようなので、週末などは並ぶかもしれません。

その他
Gregor Schneiderの作品は同時に2人しか入れないようなので行列は必至。もし見るなら朝一番などに行ったほうがいいかもしれません。

Art Fairs in Miami

カテゴリ:
IMG_2717

マイアミでアートフェアを見てきたのでその記録。おそらく世界最大規模のアートフェアの数です。ちなみに東京からの直行便がないのでかなり遠い印象。

移動の話
マイアミに地下鉄はないので移動は基本的に車。つまり公共交通機関だとバスになる。レンタカーは便利だが、移動するたびに駐車場を探す必要があり面倒。タクシーかUBERが無難な選択。

泊まる場所
Art Baselが開かれるMiami Beachに行くには橋を渡る必要がある。この橋を渡るまでに渋滞でかなり時間がかかることもあるので、Art Baselがメインならマイアミ市内ではなく橋を渡ったビーチ側に泊まったほうがいい。

規模 大、モダンとコンテンポラリーアート。Baselと香港は2フロアだが、ここは1フロア構成というのが大きな違い。開場直後はセキュリティチェックで長時間待たされる可能性あり。とりあえず行くならここ。
 
規模 中、海辺のホテルで開催。コンテンポラリーアート。

規模 中、海辺のテントで開催。コンテンポラリーアート。

規模 大、テントで開催。モダンとコンテンポラリーアート。Art Baselが2002年に開始されるまでは最重要フェアだったはず。近年人気のWynwood地区で開催されることもあり、週末は人でごった返す。

規模 中、テントで開催。コンテンポラリーアート。Art Miamiと併設の姉妹フェア。

規模 小、ホテルで開催。

規模 小、ホテルで開催。ここは無料。プリント専門で質の高いものが多い。当然ながら安いものも多いので、自宅に飾るために買って帰るのに適している。

規模 中、海辺のテントで開催。コンテンポラリーアート。

ここから下は時間がなく、行けなかったもの。








 

2015 Venice Biennale: Sugimoto Hiroshi

カテゴリ:
AbakanowiczとPlensaが展示されているサン・ジョルジョ・マッジョーレでは杉本博司のガラスの茶室も展示されている。これは今年ではなく、2014年のビエンナーレのために作られたらしい。建築の方のビエンナーレも一度行ってみたいな。

Glass Tea House Mondrian

2014年6月6日から2015年11月30日まで、水曜休み。10時から19時まで、無料。

image
image
image
image
image
image







2015 Venice Biennale: Magdalena Abakanowicz: Crowd and Individual

カテゴリ:
Plensaのすぐ横の会場ではAbakanowiczの展覧会も行われている。

Magdalena Abakanowicz: Crowd and Individual

サンマルコ広場のS.ZACCARIAから2番のヴァポレットに乗ってひとつ目のS.GIORGIO。降りた正面なので迷うことはないでしょう。

4月12日から8月2日まで、水曜休み。10時から19時まで、無料。

Actv: Water bus service timetable

image

image

image

image

image








2015 Venice Biennale: Together,  Jaume Plensa

カテゴリ:
2015年のベニス ビエンナーレでは最近虎ノ門ヒルズにも設置されたJaume Plensaの展示があった。

Together, Jaume Plensa

作品は2点。場所はサンマルコ広場のS.ZACCARIAから2番のヴァポレットに乗ってひとつ目のS.GIORGIO。降りた正面なので迷うことはないでしょう。

5月7日から11月22日まで無休。9時から19時まで、無料。

Actv: Water bus service timetable


image

image

image

image








このページのトップヘ

見出し画像
×